Home > 綱領

about_title

綱領

  政治とは、生活である。政治の使命は、国民の命を守り、生活を豊かにし、将来の希望と安心を確保することに尽きる。社会保障から教育・科学技術、経済・財政、外交・安全保障に至るまで、全ての政策はそのための手段である。

 私たちは、「自由で公正な開かれた社会」を目指す。自由は、人間にとって最も尊い普遍的価値であり、真の自由は、「国民の生活が第一」の政治によってしか実現し得ない、と確信する。全ての人たちが自由でなければ、社会の公正と平等は成り立たず、また、平等で公正でなければ自由は存立し得ないからである。


 この理念に基づき、私たちは日本国憲法を遵守し、憲法の精神と原則の実現を不断に追求していく。その第一歩として、日本に議会制民主主義を定着させ、主権者である国民が自ら主権を行使し、政権を選択する仕組みをつくり上げる。


 国内においては、医療、年金、介護、雇用、子育て、教育、防災、治安、食料などについて、生活の安全網(セーフティーネット)を整備し、その上で公正なルールに基づく経済活動により、日本経済を活性化する。また、それらを実現するために、国から地方自治体に行政の権限と財源を大胆に移譲する。


 国際社会においては、世界平和の維持と地球環境の保全を日本外交の二本柱と定める。それなくして、日本の経済的繁栄と安定はなく、世界の自由と公正もあり得ないからである。


 以上の政策により、国内外において、人と地域と国家がそれぞれ自立した上で共生する、3つの「自立と共生」の実現こそが、「国民の生活が第一」の政治と「自由で公正な開かれた社会」の究極の目標である。


 私たちは、そのための様々な活動に、性別、年齢、分野を問わず、誰もが積極的に参加することを切に願う。国民の暮らしを豊かにし、日本の平和と繁栄を維持するとともに、人類と地球に貢献したい。


基本情報

  • 綱領
  • 規約
  • 役員一覧