Home > 活動報告 > 声明・談話 > 吉田昌郎さんのご逝去の報に接して(談話)

吉田昌郎さんのご逝去の報に接して(談話)

2013年7月10日

生活の党代表 小沢一郎


 吉田昌郎東京電力福島第一原発元所長がお亡くなりになったことを知り、愕然となりました。

 吉田さんは、あれほどの過酷な状況下にありながら、日本国家・国民を原発事故の危機から救うべく、全力を尽くされました。とても一言では言い表せないような壮絶な体験をされたと思います。

 事故からしばらくたち、吉田さんがご体調を崩されたと聞きました。療養もかねて、この際、ゆっくりお身体をお安めいただきたいという思いでした。それが、こんなにも突然お亡くなりになられるとは思ってもみませんでした。

 吉田さんは生前、「日本だけでなく、世界の知見を集めてより安定化させることがいちばん求められていると思う。それが地元の人たちにとって改善したと実感してもらえることだ。私自身も体力が戻ったら現場で力を出したい」と述べておられます。

 福島第一原発はいまだ危機的状況にあります。この状況に対して私も非力ながら福島、日本、人類の将来のために事故収束、廃炉の実現のために多くの国民の力を結集し進めて参ります。

 国民の一人として、吉田さんに一言申し上げます。本当にありがとうございました。どうか安らかにお休みください。

 吉田さんのご冥福を心からお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆さまに心からお悔やみ申し上げます。