Home > 活動報告 > 声明・談話 > 「生活の党と山本太郎となかまたち」発足にあたって

「生活の党と山本太郎となかまたち」発足にあたって



「生活の党」と「山本太郎となかまたち」は、自公政権に対抗する野党勢力を結集し、政権交代によって国民本位の政治へ転換するという政治理念、並びに格差是正、脱原発、地域主権をはじめとする基本政策において、認識を共有しております。その主張を国会内外で効果的に展開し、国民の理解と支持を広げていくため、両政治団体は昨年12月26日、一つの政党に合流しました。今後、私たちは、「国民の生活が第一」の政治を実現するために全身全霊を傾けて参ります。国民の皆さんのご支持、ご支援をいただきたく宜しくお願い申し上げます。

生活の党と山本太郎となかまたち 代表 小沢一郎





何故、生活の党と合流したか。簡単に、答えは3つ。

①国会の裏も表も知り尽くした小沢一郎さんに、政治のテクニックを勉強させて戴くため。

②政党要件を満たした政党に属し、発言力を高め、伝わり辛い不条理、政治の嘘をメデイアや委員会で広く発信するため。

③生活の党の政党要件を確保し、安倍政権の暴走に、ハッキリと物申す野党の灯を消さぬ為。

生意気にも若造が共同代表をつとめさせて戴く事になりました。今まで以上に全力で挑みます。皆様のお力をお貸しください。

生活の党と山本太郎となかまたち 代表 山本太郎