Home > 活動報告 > 声明・談話 > 名護市長選挙の結果を受けて

名護市長選挙の結果を受けて

平成30年2月4日
代 表 小 沢 一 郎


このたびの名護市長選挙の結果については、自由党としても重く受け止めております。

稲嶺さんは、これまで名護市の皆さんの「声」を政策として実現させるべく、全力で市政に取り組んでこられ、中学校卒業までの医療費無料化など、しっかりと実績もあげられてきました。辺野古移設問題についても、常に市民の声を第一に、一貫して反対の立場を貫き、将来を見据えた責任ある対応をとってこられました。結果として、こうしたことが選挙結果に繋がらなかったことについては誠に残念であります。

基地問題等への取り組みなどを見ても、安倍政権が沖縄に寄り添うどころか、沖縄の皆さんの民意を踏みにじっていることは明らかです。

沖縄のみならず地域のことが全くわかっていない安倍政権を一日も早く終わらせるために、自由党としては引き続き全力で闘って参ります。