Home > 活動報告 > 声明・談話 > 台風21号による被害について

台風21号による被害について

平成30年9月6日

自由党代表 小沢一郎

 

 このたびの台風21号でお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の誠を捧げますとともに、被災された皆様方に心からお見舞いを申し上げます。

 皆様方が、一日も早く元の生活が取り戻せますよう、自由党といたしましても全力で取り組んで参ります。

 近年、地球温暖化等の影響から、台風被害やゲリラ豪雨被害が多発しております。

 ただ、治水、砂防、治山等各種災害対策としてのインフラ整備にも一定の時間を要することから、まず、大規模災害の発生を前提に、いつ、だれが、なにをするのかという観点からの防災行動計画を予め策定しておく必要があり、何より、こうした計画を地域の皆様方と防災関係機関がしっかりと共有しておく必要があります。

 自由党としても、全国各地域で災害に備える万全な体制を築くことができるよう、全力で取り組んで参ります。