Home > 活動報告 > 国会活動 > 茂木敏充経済再生担当大臣の不信任決議案提出

茂木敏充経済再生担当大臣の不信任決議案提出

20180518-2  
5月18日、茂木敏充経済再生担当大臣の不信任決議案が自由、立憲、国民、共産、社民の野党5党より衆議院に提出された。

この日TPP11の承認案が衆議院本会議に緊急上程され衆院を通過、さらに関連法案が内閣委員会で採決されることを受け茂木大臣の不信任決議案提出に至った。

提出後記者会見に出席した玉城デニー幹事長は、「今国会全体を通じて安倍政権は国会の答弁と違う事実が出ることがあまりに多い。このTPPもそうである。当初アメリカなしではあり得ないと言っていた。アメリカが離脱した今何故必要なのか?誤魔化しは茂木大臣もわかっているのに努力もしない。これでは国民の生活は守れない。よって信任できない」と説明した。