Home > 活動報告 > 党活動 > 韓国最大野党、新政治民主連合国会議員と会談

韓国最大野党、新政治民主連合国会議員と会談

生活の党2014年度研修会(2014年9月4日)


20140904野党訪問


韓国の国会内にて9月4日、生活の党2014年度研修会のプログラムの一つで、最大野党の新政治民主連合所属議員と会談し、日韓関係や歴史問題等について意見交換を行いました。

新政治連盟民主連合の禹潤根(ウ・ユングン)政策委員長は冒頭挨拶の中で、生活の党が最初の海外研修の地に韓国を選んだことへ感謝の意を述べるとともに、日韓間には歴史問題等が存在するが、北東アジア全体の平和や経済協力において、日本は最も大切なパートナーであり、今後も協力していくべき友好国であると述べました。

また、禹政策委員長が集団的自衛権の解釈変更や、河野談話の見直し等、昨今安倍政権の政治運営に対して深刻な懸念を示したのに対し、小沢一郎代表は、生活の党は安倍政権の政治姿勢・政策には対立する主張をしており、メディアの世論調査等で安倍政権の支持が高いように見えるが、多くの国民は今の安倍政権のやり方に賛同しているわけではないと述べました。