Home > 活動報告 > 党活動 > 野党5党1会派が臨時国会開催を求める緊急街頭演説会を開催

野党5党1会派が臨時国会開催を求める緊急街頭演説会を開催

DSC_0040
 

生活の党と山本太郎となかまたちをはじめ、民主党、維新の党、共産党、社民党、参院無所属クラブの野党5党1会派は19日夕方に有楽町マリオン前で、臨時国会開会を求めて緊急共同街頭演説会を開きました。

我が党を代表して登壇した玉城デニー幹事長は、「憲法53条には衆参いずれかの4分の1以上の議員の要求があれば臨時国会を開かなくてはいけないと書いてある。それなのに外交日程を理由に開かないのは、安倍政権が国民の声を潰しているのと同じだ」と臨時国会を開かない政府の姿勢を厳しく批判、「法の下の平等を踏みつけられているのは、国会議員ではなく国民なのだと」と述べました。

そして、「沖縄の辺野古問題なども法の下の議論を国会でしっかり議論したいがそれもできない」と国会で議論すべき事が山積していることを指摘し、安倍政権は「憲法はもちろん、さまざまな法律を乱用して国民に不自由で、不平等で、差別的な構造を押しつけている」と指摘。憲法を守らない政府は絶対認めないことを国民と共有し、「国会を開け、国民の声を聞けと言うその思いを安倍政権にぶつけていきたい」と決意を述べました。

また、他の登壇者も口々に、野党が憲法に基づいて求めている臨時国会の召集に応じない政府・与党の対応を「憲法違反」として厳しく批判しました。