Home > 活動報告 > 会見 > ネット選挙解禁は歓迎

ネット選挙解禁は歓迎

小沢一郎代表記者会見要旨(1月25日・夕方)

1月25日夕方、小沢一郎代表が党本部にて役員人事に関する記者会見を行いました。(※役員一覧は こちら)その後の記者会見の概要は以下の通りです。

sn1020121135

【内容】


ネット選挙について

Q. ネット選挙解禁についてどう考えるか。
A.

今インターネットは、世界的にもそうだが、非常に普及している。そういう意味で一番の意思疎通の、あるいは政策発表等公表の最大の媒体になっているのではないか。その意味で選挙にこれを活用するということは非常にいいことだと思う。

だいたい日本は非常に規制が多い。選挙活動そのものも、つまらない規制ばかり多く、本筋の国民の、主権者の投票の場である選挙についても、あまりにも官憲が関与しすぎると思う。

もちろん悪質なものは厳正にきちんと取り締まらなければならないが、特に英国などの状況をみると、個人のいろいろな費用については、お金の面では制限されているが、活動の面では戸別訪問であれ何であれほとんど自由であるし、政党の活動については、お金の面でもほぼ自由に活動に使える。ですから、日本においてももっと規制を取り除いて、自由な政治活動、選挙活動の方に主眼を置いていくべきである。そういう意味でネットの活用というのは大変いいことだと思う。





バックナンバー