Home > 政策 > 原発ゼロで経済成長を実現する
「生活の党」基本政策1



原発ゼロで経済成長を実現する

  • 福島第一原発事故の早期収束を政府主導で行う。短期集中的に労力と資材を投入し、抜本的な放射能対策を実施する。
  • 原発の再稼働・新増設は一切容認しない。遅くとも2022年までに最終的な廃止を確定する。
  • 高速増殖炉・核燃料サイクルは全て廃止する。余剰の設備、人材を安全で確実な廃炉プロジェクトに振り向ける。
  • 天然ガス・コンバインドサイクルや最新型石炭火力など世界が認める日本の高効率火力発電技術を活用し、国内外に積極的な拡大を図る。
  • 新エネルギー、原発に関連する研究・技術開発の拠点として原発立地地域の活用を優先するとともに、脱原発政策で世界に貢献する。
  • 蓄電池・燃料電池など、新エネルギーの技術開発を進めて新産業を育成する。
  • 省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの普及、エネルギーの地産地消を促進し、地域経済の発展と雇用の拡大を実現する。
  • 発送電分離を完全に行い、電力供給体制を抜本的に改革する。それにより、公正な競争を促し、地域分散ネットワーク型のエネルギー地域主権を実現する。